【元医事課リーダーのよもやま話】レセプト業務、どうしてますか?

この記事は約1分5秒で読めます

【元医事課リーダーのよもやま話】レセプト業務、どうしてますか?
毎月の月末月初、医事課はレセプト(診療報酬明細書)業務で大わらわ。日常業務と並行して進めることになります。

レセプト業務になじみのない方に少しご説明すると、月末に新患の方などの保険証コピーを見ながら、レセプトへの入力内容とズレがないか確認します。そして月初にはレセプトを印刷し、作成したレセプトは医師にもチェックしてもらいます。内容の誤りや記載漏れがあれば修正し、何があっても10日までに請求書を作成して保険者等に提出するのです。

レセプトの対象はその月に診療した全患者さんであるため、わたしがいた大学病院では数万のレセプトを処理していました。
深夜残業が続く医事課職員も少なくないのではないでしょうか。インターネット各所の掲示板でも医事課の残業は話題になっていますね。

病院の収入に直結するレセプト業務をいかに抜け漏れなく、効率よく行うかが、医事課の腕の見せ所。

医師や看護師は多忙なため、検査や処置などをカルテに記載し忘れていることも…。医事課職員はそれを書類上から類推して発見する“隠れた職人”でもあります。

そしてわたしはマネジメントもしていたため、職員の残業をいかに減らして、皆さんのストレスと残業代を抑えるかも課題の一つでした。

個々人にスキルアップを狙って日頃から職員のモチベーションを高めるようにもしていましたが、それだけでは時間が掛かります。
わたしの元勤務先では、空き時間を洗い出し、それを活用していました。普段から、手が空きやすい午後にレセプトを見返すようにしたおかげで、レセプト期間中はだいぶスピードアップすることができました。

【好評につき東京・大阪・名古屋・福岡で増回決定!】
<無料>病院対象の人事制度セミナー


『退職理由「家庭の事情」は40%がウソ!? 離職を止める本当の方法』
『評価を一方的なA・B・Cにしても生産性はあがらない』
『人件費の適正化を離職を回避して行う方法』

★お申し込みはこちらをクリック★

関連記事

  1. 医師という職業とは―医師への選択、医師の選択(野末睦)
  2. 医師という職業とは―医師への選択、医師の選択(野末睦)
  3. 医師という職業とは―医師への選択、医師の選択(野末睦)

コメントをお待ちしております

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ログイン

全国4都市、増回決定!◆

完全無料の人事制度セミナー
採用競争力アップ、
人件費の適正化のヒントがここに。

お申込はこちらをクリック

記事カテゴリー

Facebook

病院経営事例集とは

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。