【数字で見る医療】合格率7.3%

この記事は約12秒で読めます

33.経営単語_記事画像

東南アジア諸国と経済連携協定(EPA)が結ばれたことを背景に、
2008年から外国人看護師を導入する試みがなされているが、
2015年の外国人の看護師国家試験の合格率は7.3%
(受験者数357名、合格者数26名)となっている。

厚生労働省ホームページより

関連記事

ログイン

記事カテゴリー

Facebook

病院経営事例集とは

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。