医療費亡国論

この記事は約14秒で読めます

医療費亡国論(いりょうひぼうこくろん)とは、1983年、当時の厚生省保険局長であった吉村仁氏が発表した、「医療費がこのまま増加すれば、日本の財政を圧迫し、日本を滅ぼす」という主旨の考え方である。吉村氏は1983年(昭和58年)3月に「医療費をめぐる情勢と対応に関する私の考え方」というレポートを「社会保険旬報」に寄稿し、広く自身の考えを公開した。

関連記事

  1. 2014.06.05

    13対1

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ログイン

医師の採用にお困りなら…

エムスリーキャリアにご相談ください。

ご連絡はこちら

Facebook

病院経営事例集とは

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。