【数字で見る医療】29.1床

この記事は約25秒で読めます

20151205 1病院当たりの地域包括ケア病床数

地域包括ケア病床の届け出病床数は約32,000床、届け出施設数は約1,100施設。1施設当たり約29.1床である。病棟単位では50床前後での届出が増えるのに対し、平均が29.1床であることから、病室単位での届出が相応存在するといえる。(※数字は保険局医療課調べ)

2014年度の診療報酬改定の目玉とも言える地域包括ケア病棟。導入を検討している法人の方は、ぜひ下記の記事もご覧ください。
急性期・療養の両サイドから転換を進める平成医療福祉グループの経営上の変化について、代表の武久洋三氏に聞きました。
平成医療福祉グループにみる成功事例―武久洋三に聞く、地域包括ケア病棟

関連記事

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ログイン

≪病院の“参謀”求人≫あります

病院トップをサポートし、
病院経営を支えていただける方を探しております。

ご連絡はこちら

記事カテゴリー

Facebook

病院経営事例集とは

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。