ICD-10

この記事は約21秒で読めます

ICDとは、International statistical Classification of Diseases and related health problemsの略で、国際疾病分類ともいう。ICD-10とは、国際疾病分類の10回目に修正されたもののことである。国が作成している死因統計や疾病統計の結果を、正確で信頼性の高いものにするために、情報源となる死因や疾病の分類項目の内容基準を明確に定めたもの。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 掛川央子
更新日:2014/11/5

関連記事

  1. 2014.06.05

    委託率
  2. 2014.06.05

    13対1

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ログイン

≪病院の“参謀”求人≫あります

病院トップをサポートし、
病院経営を支えていただける方を探しております。

ご連絡はこちら

病院経営事例集とは

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。