【病院経営単語】機能強化型訪看ステーション

この記事は約14秒で読めます

33.経営単語_記事画像

機能強化型訪看ステーションとは、機能の高い訪問看護ステーションを評価するもの。在宅医療を推進するために、24時間対応、ターミナルケア、重症度の高い患者の受け入れ、居宅介護支援事業事務所の設置等がある。また、超重症児等の小児の訪問看護に積極的の取り組む訪問看護ステーションについても評価される。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 中里優希

地域包括ケア病棟・病床の導入に関するお悩みなら…

エムスリーキャリアは計画策定だけでなく、実行面もサポート!
「確実に導入・運用したい」とお考えの医療機関を支援しております。

> 詳細はこちら <

関連記事

  1. 2014.06.05

    コンビニ受診
  2. 2016.01.20

    新専門医制度
  3. 2014.06.05

    13対1
  4. 2014.06.05

    QOD

ログイン

医師の採用にお困りなら…

エムスリーキャリアにご相談ください。

ご連絡はこちら

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。