全日本病院協会(全日病)

この記事は約17秒で読めます

全日本病院協会(全日病)とは、全日病は昭和35年1960年に設立された民間病院の全国組織である。2013年4月現在の会員数約2400病院で民間病院の全国組織としては最大の公益財団法人である。2009年には協会内で全日病総研が設立され、主に社会保障制度全般について分析・検討し、その結果を踏まえ国民に立案・提言を行っている。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 黒岩美貴
更新日:2014/12/22

関連記事

  1. 2016.02.02

    5疾病5事業
  2. 2014.06.08

    CRM
  3. 2014.06.05

    EBM

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

表示の不具合について

現在、一部の記事にアクセスできない事象が起こっています。ご迷惑をお掛けしますが、目下、不具合の解消に努めております。 何卒ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

ログイン

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。