病床機能報告制度

この記事は約16秒で読めます

病床機能報告制度とは、医療機関がその有する病床(一般病床及び療養病床)において担っている医療機能の現状と今後の方向について、病棟単位を基本とし、都道府県に報告する仕組み。平成26年通常国会において医療・介護一括法が成立。これにより第6次医療法が改正され、改正医療法に基づく義務として定められた。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 飯田彩乃
更新日:2014/12/22

関連記事

  1. 2016.01.21

    医療保険

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

表示の不具合について

現在、一部の記事にアクセスできない事象が起こっています。ご迷惑をお掛けしますが、目下、不具合の解消に努めております。 何卒ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

ログイン

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。