【病院経営単語】平均在院日数の短縮

この記事は約12秒で読めます

33.経営単語_記事画像

平均在院日数の短縮とは、入院期間が長くなれば入院医療費が増加するため、入院期間を短縮するため入院施設基準に定められた平均在院日数の短縮が進められている。平均在院日数が短縮されると、病床回転率が上がり、病床稼働にも大きな影響を及ぼす。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 中里 優希

関連記事

  1. 2014.06.05

    7対1
  2. 2016.01.25

    QOD

ログイン

医師の採用にお困りなら…

エムスリーキャリアにご相談ください。

お問い合わせはこちら

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。