院内掲示義務

この記事は約14秒で読めます

10.経営単語_記事画像
医療法第14条の2(院内掲示義務)病院又は診療所の管理者は、次に掲げる事項を院内に見やすいように掲示しなければならない。1、管理者の氏名 2、診療に従事する医師又は歯科医師の氏名 3、医師又は歯科医師の診療日及び診療時間 4、その他、省令で定める事項。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 大竹玲奈
更新日:2014/11/5

院長・事務長におすすめ!無料メルマガの登録 受付中!

約5千人が購読している「病院経営事例集メールマガジン」。
医療機関の経営層・事務職の方々に、耳寄り情報をお届けしています!

【メルマガ会員登録はこちら】

関連記事

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

スパム対策のため、日本語が含まれない場合は投稿されません。ご注意ください。

ログイン

【無料】2024年法施行・医師の働き方改革に関するセミナー録画を公開中

「法施行に向け、具体的に何に取り組むべきか知りたい」
「医師採用市場への影響を知りたい」というご担当者様は必見です
※一度登録いただくといつでも視聴可能です

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。