5疾病5事業

この記事は約12秒で読めます

5疾病とは、がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病、精神疾患。5事業とは、都道府県知事が特に必要と認める医療のことで、救急医療、災害時における医療、へき地の医療、周産期医療、小児医療のことである。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 五十嵐陽子
更新日:2014/11/5

関連記事

  1. 2014.06.05

    QOD

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

スパム対策のため、日本語が含まれない場合は投稿されません。ご注意ください。

ログイン

【先着50施設限定】選べる無料キャンペーン実施中

医師採用「順調ではない」病院の8割が望む機能を実現。
M3 Careerプライムでかなえる“攻め”の採用活動とは?

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。