【病院経営単語】精神科重症患者早期集中支援管理料

この記事は約30秒で読めます

33.経営単語_記事画像

精神科重症患者早期集中支援管理料とは、長期入院患者又は入退院を繰り返し、病状が不安定な患者に対し、多職種(精神保健指定医、看護師又は保健師、作業療法士、精神保健福祉士等)が計画的な医学管理を行い、定期的な訪問診療及び精神科訪問看護を実施するとともに、急変時等に常時対応可能な体制を整備し、多職種が参加する定期的な会議を開催することを評価する加算である。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 細田 恵里

※編集部注:2018年度改定で以下の変更が加えられました。(2018/3/7時点)

精神科重症患者早期集中支援管理料を廃止し、精神疾患患者に継続的に訪問支援を実施する場合に算定可能な「精神科在宅患者支援管理料」を新設する。精神科在宅患者支援管理料では、重症患者等に対する評価を充実させる。

<毎月開催>地域包括ケア病床 導入・転換セミナー

施設基準から届出対応方法まで専門のコンサルタントが解説します

【 詳細・お申し込みはこちら 】

関連記事

  1. 2014.06.05

    コメディカル
  2. 2016.05.22

    地域医療構想
  3. 2014.06.08

    病院

ログイン

業界最大級!

医師利用者数≪年間1万人以上≫の医師紹介サービス
エムスリーキャリアにご相談ください。

お問い合わせはこちら

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。