【病院経営単語】小児慢性特定疾病

この記事は約12秒で読めます

33.経営単語_記事画像

小児慢性特定疾病とは、20歳未満の患者が罹患する慢性疾患のこと。長期療養で多額な治療費がかかるため、社会保障審議会の意見を聴いて厚生労働大臣が定めている。対象疾患は平成27年1月1日現在14疾患群704疾病が指定されている。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 徳江 楓

[adrotate group=”9″]

関連記事

  1. 2016.02.29

    アウトカム
  2. 2016.06.06

    疑義解釈
即戦力の医師を、急いで採用したいなら

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。