【病院経営単語】特定除外制度

この記事は約19秒で読めます

33.経営単語_記事画像

特定除外制度とは、特定入院基本料を算定しなければならない90日を超える長期入院患者でも、厚生労働大臣が定める12の特定除外項目いずれかに該当する特定除外患者は、平均在院日数の算定から除外、そして入院基本料を算定できる仕組み。平成26年の診療報酬改定では、看護配置が手厚い7対1と10対1一般病棟入院基本料、特定機能病院入院基本料(一般病棟のみ)、専門病院入院基本料を算定する病棟において見直しがされた。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 中島加奈子

メルマガ登録 受付中!

1万人以上が購読している「病院経営事例集メールマガジン」。
医療機関の経営層・事務職の方々に、耳寄り情報をお届けしています!

【メルマガ会員登録はこちら】

関連記事

  1. 2016.01.29

    MS
  2. 2014.06.05

    MR

ログイン

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。