病床機能報告制度

この記事は約15秒で読めます

32.経営単語_記事画像

病床機能報告制度とは、医療機関がその有する病床(一般病床及び療養病床)において担っている医療機能の現状と今後の方向について、病棟単位を基本とし、都道府県に報告する仕組み。平成26年通常国会において医療・介護一括法が成立。これにより第6次医療法が改正され、改正医療法に基づく義務として定められた。

最新のトピックもメルマガでお届け。
メルマガ登録はこちら

関連記事

  1. 2014.06.05

    DPC
  2. 2014.06.05

    コメディカル

ログイン

<毎月開催>地域包括ケア病床 導入・転換セミナー

施設基準から届出対応方法まで専門のコンサルタントが解説します

【 詳細・お申し込みはこちら 】

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。