【病院経営単語】在宅療養支援病院

この記事は約14秒で読めます

33.経営単語_記事画像

在宅療養支援病院とは、患者が住み慣れた地域で安心して療養生活を送れるよう、24時間往診が可能な体制、また訪問看護ステーションとの連携により24時間訪問看護の提供が可能な体制を確保することで、本人またその家族の求めに応じた医療・看護の提供をおこなう在宅医療の中心となる病院のことである。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 篠崎 拓樹

関連記事

  1. 2014.06.08

    歯科診療所
  2. 2014.06.05

    15対1
  3. 2016.01.29

    MS
  4. 2014.06.29

    初期研修医

ログイン

<毎月開催>地域包括ケア病床 導入・転換セミナー

施設基準から届出対応方法まで専門のコンサルタントが解説します

【 詳細・お申し込みはこちら 】

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。