【数字で見る医療】5.5倍

この記事は約15秒で読めます

33.経営単語_記事画像

青少年期に喫煙を開始すると、成人後に喫煙を開始した場合に比べて、
がんや虚血性心疾患などの危険性がより高くなります。
肺がんでは、20歳未満で喫煙を開始した場合の死亡率は、
非喫煙者に比べて5.5倍となっています。
また、吸い始める年齢が若いほどニコチンへの依存度が
高い人が多くなるという報告も出ています。

厚生労働省ホームページより

メルマガ登録 受付中!

1万人以上が購読している「病院経営事例集メールマガジン」。
医療機関の経営層・事務職の方々に、耳寄り情報をお届けしています!

【メルマガ会員登録はこちら】

関連記事

ログイン

【先着50施設限定】選べる無料キャンペーン実施中

医師採用「順調ではない」病院の8割が望む機能を実現。
M3 Careerプライムでかなえる“攻め”の採用活動とは?

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。