DPC

この記事は約18秒で読めます

DPCとは、Diagnosis Procedure Combinationの略で、診断群分類ともいう。医療費の計算において、病名や診療内容を分類し、分類ごとに1日当たりの入院費用を定めた計算方式である。在院日数により3段階に点数が分けられており、日数が長くなるほど点数が引き下げられる仕組みになっている。国民医療費の削減効果も期待されている。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 佐藤美夏
更新日:2014/11/5

関連記事

  1. 2016.05.22

    地域医療構想
  2. 2014.06.08

    AIDMA
  3. 2016.02.16

    医療法改正

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

スパム対策のため、日本語が含まれない場合は投稿されません。ご注意ください。

ログイン

医師採用「順調ではない」病院の8割が望む機能を実現!

新サービス・M3 Careerプライムとは
【 記事を読む 】

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。