【元医事課リーダーのよもやま話】カルテで踊るスズメの足跡、レセコンで踊る0

この記事は約1分22秒で読めます


医事課に付きものなのがカルテとレセコンです。

電子カルテが以前に比べて普及してきているとはいえ、400床以上の一般病院でも普及率は71.3%(※)。中小の一般病院だと24.7%です。

私の元勤務先の中にも未導入病院があり、紙カルテを利用していました。医師は手書きでカルテ記入するわけですが、“達筆”ぶりに泣かされる医事課職員は少なくありません。まさに、カルテに“スズメの踊り足”が付いているような状態です。
2か月ほど見続けると、頻出の病名などを中心に少しずつ読めるようなりますが、最初から読めるのは3-4割。残りの医師のカルテは、どこかに“踊り足”が見られ、何を書いているのか判別がつかない印象です。

そしてレセコンに打ち込むわけですが、ここでさまざまなミスが生まれます。
そのミスとは――。

たとえば、ある職員は30mlが3000mlに増え、日数が1日から4日になるなど、テンキーの押す回数や位置を間違える失敗をしていました。

私は医療事務さんを監督する立場にあったため、ヒヤリハットやミスが出る度にレセコンを修正してエラーアラートが出るようにしていました。
個人的な感想ですが、チェッカ―機能は富士通のHOPEが使いやすかったです。エラー項目をカスタマイズでき、各疾患の禁忌薬はもちろん、週1回しか出さない薬を2回入れたらアラートを出すといった対処をしていました。

こうした対処は手間ではありますが、自院のレセコンが少しずつ成長しているようで、愛着が湧きます。ですから、職場を離れるときは少々なごり惜しい気持ちにもなったのを覚えています。

レセコン満足度アンケート(所要時間1分)も実施中です。ぜひご回答ください。

※2014年度時点の「病院全体で電子化している」割合。
厚生労働省「平成26年医療施設(静態・動態)調査」

メルマガ登録 受付中!

1万人以上が購読している「病院経営事例集メールマガジン」。
医療機関の経営層・事務職の方々に、耳寄りな情報をお届けしています!

メルマガ登録はこちら

関連記事

  1. 医師という職業とは―医師への選択、医師の選択(野末睦)

コメントをお待ちしております

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ログイン

≪病院の“参謀”求人≫

病院トップをサポート等でご活躍いただける方を探しております。

ご連絡はこちら

記事カテゴリー

Facebook

病院経営事例集とは

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。