混合診療

この記事は約16秒で読めます

45.経営単語_記事画像

混合診療とは、保険診療と自費診療を同時に行う診療のこと。混合診療は医療格差や安全性を失われることが懸念されるため、日本では認められていない。
また、混合診療を認めると、自己負担額を賄うことが出来る裕福層と、保険が適用される医療しか受けられない層とで分かれてしまい、医療格差が生まれてしまうのではないかという主張もある。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 大竹玲奈

メルマガ登録 受付中!

1万人以上が購読している「病院経営事例集メールマガジン」。
医療機関の経営層・事務職の方々に、耳寄り情報をお届けしています!

【メルマガ会員登録はこちら】

関連記事

  1. 2014.06.05

    院内掲示義務
  2. 2014.06.05

    医療クラーク
  3. 2014.06.05

    DPCコード

ログイン

年収600万円の医事課長求人

注目の求人をご紹介!
※ 充足している場合もあります。

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。