【病院経営単語】認知症施策推進総合戦略

この記事は約17秒で読めます

33.経営単語_記事画像

別名新オレンジプランと言い、認知症の人の視点に立ち、住み慣れた地域の良い環境で自分らしく暮らせる社会の実現を目指すもの。「認知症の理解を深めるための普及・啓発」「適時・適切な医療介護」「若年認知症施策」「介護者への支援」「高齢者にやさしい地域づくり」「研究開発及びその成果の推進」「認知症の人やその家族の視点の重視」の7つに沿って施策を総合的に推進する。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 中島 加奈子

メルマガ登録 受付中!

1万人以上が購読している「病院経営事例集メールマガジン」。
医療機関の経営層・事務職の方々に、耳寄り情報をお届けしています!

【メルマガ会員登録はこちら】

関連記事

  1. 2016.03.13

    在宅復帰率

ログイン

【先着50施設限定】選べる無料キャンペーン実施中

医師採用「順調ではない」病院の8割が望む機能を実現。
M3 Careerプライムでかなえる“攻め”の採用活動とは?

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。