医療クラーク

この記事は約18秒で読めます

31.経営単語_記事画像
医療クラークとは、正式名称を医師事務作業補助者といい、医師が行う診断書作成等の事務作業を補助するスタッフのこと。医師の負担を軽減する目的で設けられた職業である。禁止業務も定められており、看護師の補助・病棟の事務・電話交換・入退院時の書類チェック・診療報酬関係・窓口業務などを行っている場合は加算対象とならない。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 中島彩子

関連記事

ログイン

<毎月開催>地域包括ケア病床 導入・転換セミナー

施設基準から届出対応方法まで専門のコンサルタントが解説します

【 詳細・お申し込みはこちら 】

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。