<理事長・事務長職向け>地域一般入院料を算定する病院が今後生き残っていくためには?地ケア未導入病院様向けセミナー

この記事は約1分7秒で読めます

<言うだけで終わりません。中小病院の増収”実行”支援ならM3C>

2022年診療報酬改定で、地域一般入院料にも「データ提出加算」が要件化されました。急性期の締め付けが強くなり、本来の病床機能の明確化が強く求められる今、地域一般入院料を算定する病院はどのような経営戦略を描くべきでしょうか。「データ提出加算」のハードルの一つである「診療録管理体制加算」のポイントも含め、経験豊富なコンサルタントが解説致します。

主な内容 

◆データ提出加算のポイント
◆診療録管理体制加算のポイント
◆地域包括ケア病床について
※当日の内容は多少変更がある場合がございます。予めご了承ください。

日程

4月20日(水)15:00~16:00
4月25日(月)15:00~16:00


上記日程でご都合が合わない場合は、参加フォームからご連絡ください。
後日、担当者より直接ご連絡差し上げます。

※複数日程の申込み不可
※病院のご担当者様、あるいは法人・グループ内に病院をお持ちのご担当者様を対象とさせていただいております。
※地域包括ケア病棟【未導入施設】向けの内容です。導入済の病院様は申込みをお控えいただけますと幸いです。

※本セミナーは無料です。(事前申込制)
※新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、安全にご参加いただけるよう、Zoomアプリを利用したWEBにて配信いたします。病院内やご自宅にあるインターネットにつながったパソコンから、簡単な操作(申込後に送信されるメール内のURLをクリックするだけ)でご視聴いただけます。
※現役コンサルタントによるライブ配信です。質疑応答のお時間も設けておりますので、貴院のお悩みなどお気軽にご相談ください。
※事後の動画配信はございません。

関連記事

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

スパム対策のため、日本語が含まれない場合は投稿されません。ご注意ください。

患者目線のクリニック求人

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。