【社告】訪問看護ステーションで地域包括ケア病床の集患対策!病床導入セミナーを開催

この記事は約41秒で読めます

病院の売上向上を図るとき、地域包括ケア病床の導入を検討する病院は少なくないでしょう。その際、単に病床転換や加算の取得を試みるだけでなく、中長期的に患者を呼び込む方法まで考慮することが重要です。この点を踏まえつつ、訪問看護ステーションの立ち上げも視野に入れた病床導入をテーマにしたセミナーが、全国5都市で開催されます。

「『訪問看護ステーション立ち上げのススメ』地域包括ケア病棟導入対策セミナー」では、直近の導入事例をもとに、専門コンサルタントが解説。自宅と病院の間をつなぎ、今後ますますニーズが高まる訪問看護ステーションのメリットを取り上げます。

また、同時開催の「成功事例に学ぶ、地域包括ケア病棟導入検討セミナー」でも、専門コンサルタントが医療機関の実例をもとに病床の導入・転換を解説します。病床転換を検討している医療機関の方にとっては、ヒントを得る機会になるのではないでしょうか。

主催はエムスリーキャリア株式会社。両セミナーとも、5都市(仙台、東京、名古屋、大阪、福岡)にて開催。お申し込みは下記ページよりお願いいたします。

関連記事

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ログイン

医師の採用にお困りなら…

エムスリーキャリアにご相談ください。

ご連絡はこちら

病院経営事例集とは

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。