【社告】稼働率80%の地域包括ケア病床をめざすセミナーが2月に開催! データ提出加算セミナーも同日開催

この記事は約40秒で読めます

地域包括ケア病床 導入 転換 セミナー

2018年度の診療報酬改定では、入院医療の評価体系が抜本的に見直される見通しです。2014年創設の「地域包括ケア病床」も見直し対象になるため、もし今後の病院経営施策で地域包括ケア病床の導入・転換をお考えであれば、自院の状況をよく確かめてから取り組む必要があります。

こうした背景を踏まえ、エムスリーキャリアでは毎月テーマを設け、地域包括ケア病床の導入・転換メリットを探るセミナーを開催しています。2018年2月は「データ提出加算未取得からの導入」と「病床稼働率80%を目指すための転換」という2テーマで開催。1時間で地域包括ケア病床に関する基本情報から具体的な方法論まで、専門コンサルタントが解説します。少人数制のため質問がしやすく、セミナー後には無料相談も実施しています。

地域包括ケア病床を持続的に機能させるための導入方法を知りたい方、自院の病床シミュレーションをしたいとお考えの方は、参加してみてはいかがでしょうか。

主催はエムスリーキャリア株式会社。会場は札幌、東京、名古屋、大阪、博多の5都市で開催。

詳細・お申し込みはこちら

関連記事

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ログイン

◆地域包括ケア病床セミナー◆

2018年2月のテーマは「データ提出加算」「病床稼働率」

【主な内容】
・地域包括ケア病床の基本知識
・改善、実施の方法
・事例解説、Q&A etc...

詳細・お申し込みはこちら

記事カテゴリー

Facebook

病院経営事例集とは

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。