【社告】地域連携の戦略から、病院の収益構造まで。 経営方針を探るための地域包括ケア病床セミナーを開催

この記事は約38秒で読めます

2018年度診療報酬改定の対応が落ち着き始め、多くの医療機関でその収支状況を踏まえた経営方針を探られていることと思います。

エムスリーキャリアで毎月開催中の地域包括ケア病床 導入・転換セミナーでは、病院の経営戦略のヒントとなる情報をお伝えしています。2018年7月は「経営幹部必見!2018年度改定を踏まえた地域連携戦略セミナー」と、「診療報酬改定対応!地域包括ケア病床の改定内容と導入までのロードマップ解説セミナー」の2テーマで開催します。

また、医療業界での経験が浅い異業種出身者、医事の知識に自信のない経営幹部のための病院経営セミナーも開催が決まりました。こちらは東京会場のみの開催予定です。

新年度からの体制と診療報酬改定が落ち着いてきた7月は、中長期的な戦略を練る最適なタイミング。自院の今後を見据えた情報収集から始めてみてはいかがでしょうか。

主催はエムスリーキャリア株式会社。今回は、5都市(仙台、東京、名古屋、大阪、福岡)にて開催します。

詳細・お申し込みはこちら

関連記事

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ログイン

≪病院の“参謀”求人≫あります

病院トップをサポートし、
病院経営を支えていただける方を探しております。

ご連絡はこちら

病院経営事例集とは

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。