医療メディエーター

この記事は約15秒で読めます


医療メディエータ―(医療対話推進者)とは、医療事故が発生したときに患者と医療者間で揉め事が起きた場合、問題解決に導く仲介役のこと。また、問題解決だけでなく患者と医療者間の関係の修復なども行います。
社団法人 日本医療メディエーター協会のWebページによると、認定医療メディエーター総数は4,024人(2016年6月6日現在)にのぼるそうです。

関連記事

  1. 2014.06.29

    人件費率
  2. 2014.06.08

    2次データ
  3. 2014.06.29

    医療費亡国論

ログイン

≪病院の“参謀”求人≫あります

病院トップをサポートし、
病院経営を支えていただける方を探しております。

ご連絡はこちら

Facebook

病院経営事例集とは

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。