医療メディエーター

この記事は約15秒で読めます


医療メディエータ―(医療対話推進者)とは、医療事故が発生したときに患者と医療者間で揉め事が起きた場合、問題解決に導く仲介役のこと。また、問題解決だけでなく患者と医療者間の関係の修復なども行います。
社団法人 日本医療メディエーター協会のWebページによると、認定医療メディエーター総数は4,024人(2016年6月6日現在)にのぼるそうです。

【無料】医師採用に関するオンライン面談のご案内

思うように採用活動が進んでいない医療機関様へ、
個別コンサルテーションを実施しています。
「具体的に相談したいことはないが、とりあえず今の採用市場について話を聞いてみたい」
など、 お気軽に問い合わせください。

関連記事

  1. 2014.06.29

    2025年問題

ログイン

クリニック特有の医師採用のお悩みに専門家がお答え!
急募のクリニック様は必読です

「クリニックのための医師採用ガイド」ダウンロードはこちら

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。