【病院経営単語】経口摂取回復促進加算

この記事は約18秒で読めます

33.経営単語_記事画像

鼻腔栄養を実施している患者または胃瘻を造設している患者に対して摂食機能療法を実施した場合に加算できる。経口摂取回復促進加算1が185点、経口摂取回復促進加算2が20点と定められている。施設基準としては、摂食機能療法に専従の常勤言語聴覚士が1名以上勤務していることなどが挙げられる。加算1と加算2は患者の栄養方法、経口摂取に回復するまでの期間、回復した患者の基準割合が異なる。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 城田 莉奈

メルマガ登録 受付中!

1万人以上が購読している「病院経営事例集メールマガジン」。
医療機関の経営層・事務職の方々に、耳寄り情報をお届けしています!

【メルマガ会員登録はこちら】

関連記事

  1. 2014.06.05

    管理者
  2. 2016.01.20

    新専門医制度
  3. 2014.06.29

    後期研修医

ログイン

経営企画職の求人あります。

経営幹部候補や医業コンサルタント等の求人をご紹介!

※ 充足している場合もあります。

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。