【病院経営単語】薬剤服用歴管理指導料

この記事は約16秒で読めます

33.経営単語_記事画像

薬剤服用歴管理指導料とは、2016年4月の調剤報酬点数改訂で、調剤基本料1又は4を算定する保険薬局であり、お薬手帳を持参した患者、6か月以内に処方箋を持参した患者に対し38点、それ以外の患者に50点を処方箋受付1回につき算定する加算となった。薬剤師が患者の薬剤服用歴や服用状況を記録し、それに基づいた指導を行うことが必要である。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 中里 優希

メルマガ登録 受付中!

1万人以上が購読している「病院経営事例集メールマガジン」。
医療機関の経営層・事務職の方々に、耳寄り情報をお届けしています!

【メルマガ会員登録はこちら】

関連記事

  1. 2014.06.05

    コンビニ受診
  2. 2014.06.05

    5疾病5事業

ログイン

【先着50施設限定】選べる無料キャンペーン実施中

医師採用「順調ではない」病院の8割が望む機能を実現。
M3 Careerプライムでかなえる“攻め”の採用活動とは?

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。