【病院経営単語】退院時薬剤情報管理指導料

この記事は約16秒で読めます

33.経営単語_記事画像

退院時薬剤情報管理指導料は、医薬品の副作用や相互作用、重複投薬を防止することを目的としている。患者が入院時に持参した医薬品等を確認するとともに、入院中に使用した主な薬剤の服用歴を時系列で管理できる手帳に記載した上で、患者またはその家族等に対して、退院後の薬剤の服用等に関する必要な指導を行った場合に、退院の日1回に限り算定できる。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 酒井千賀子

本来なら接点を持てない医師に出会える、「新たな医師採用の形」とは

採用したい先生にオファーを出せるM3Careerプライム
導入後、地方の医療機関が東京勤務希望の先生を採用したケースや
クリニックが病院勤務希望の先生を採用したケースもございます

関連記事

  1. 2014.06.05

    SPD

ログイン

月額25万円で医師採用のプロを“雇用”できます。

フルサポートプランなら、候補者の発掘・吟味、
オファーメールの作成もプロにお任せできます。

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。