【病院経営単語】退院時薬剤情報管理指導料

この記事は約16秒で読めます

33.経営単語_記事画像

退院時薬剤情報管理指導料は、医薬品の副作用や相互作用、重複投薬を防止することを目的としている。患者が入院時に持参した医薬品等を確認するとともに、入院中に使用した主な薬剤の服用歴を時系列で管理できる手帳に記載した上で、患者またはその家族等に対して、退院後の薬剤の服用等に関する必要な指導を行った場合に、退院の日1回に限り算定できる。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 酒井千賀子

<管理職向け>病院ハイクラス層のキャリア形成セミナー

病院からの評価に満足していますか?
管理職層のスキルと転職事情を“ありのまま”にお伝えします

<開催日時>
2019年6月 4日(火)  18:30~19:30
2019年6月13日(木) 18:30~19:30
2019年6月21日(金) 18:30~19:30
2019年6月28日(金) 18:30~19:30

<会場詳細>
【東京】エムスリーキャリア株式会社内 会議室
東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス15階

【 詳細・お申し込みはこちら 】

関連記事

  1. 2014.06.29

    事務連絡
  2. 2014.06.05

    混合診療

ログイン

業界最大級!

医師利用者数≪年間1万人~≫の医師紹介サービス
エムスリーキャリアにご相談ください。

お問い合わせはこちら

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。