【病院経営単語】重症度係数

この記事は約11秒で読めます

33.経営単語_記事画像

重症度係数とは、DPC点数表で表しきれない重症度の高い患者の乖離率を評価するものであり、調整係数の廃止に向け、重症患者の診療に対して配慮を行う目的で設けられた。医療資源の投入量や重症患者の対応について評価を行う。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 松本 静流

専門家の解説やケーススタディなど、医師採用ノウハウ満載の資料を
無料でダウンロードいただけます。

無料ダウンロード資料一覧を見る

関連記事

  1. 2014.06.29

    初期研修医

ログイン

【無料】2024年法施行・医師の働き方改革に関するセミナー録画を公開中

「法施行に向け、具体的に何に取り組むべきか知りたい」
「医師採用市場への影響を知りたい」というご担当者様は必見です
※一度登録いただくといつでも視聴可能です

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。