【病院経営単語】重症度係数

この記事は約11秒で読めます

33.経営単語_記事画像

重症度係数とは、DPC点数表で表しきれない重症度の高い患者の乖離率を評価するものであり、調整係数の廃止に向け、重症患者の診療に対して配慮を行う目的で設けられた。医療資源の投入量や重症患者の対応について評価を行う。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 松本 静流

関連記事

  1. 2014.06.05

    医薬分業
  2. 2016.03.13

    在宅復帰率

ログイン

医師の採用にお困りなら…

エムスリーキャリアにご相談ください。

お問い合わせはこちら

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。