【病院経営単語】FIM指数

この記事は約16秒で読めます

33.経営単語_記事画像

FIM指数とは、ADLの評価法の1つであり、機能的自立度評価ともいう。7歳以上を対象として、自立度と介護量測定を目的に、全18項目を介護量に応じて7段階で評価する。標準化された評価を用いるため、医学的知識がなくても採点できる評価法である。特徴として、日常生活で行っている動作を評価するため、現在状況や継続的変化を確認しやすい。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 白石義訓

[adrotate group=”9″]

関連記事

  1. 2014.06.06

    360度評価
  2. 2014.06.05

    BSC
  3. 2014.06.05

    DRG

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。