【病院経営単語】回復期リハビリテーション病棟

この記事は約12秒で読めます

33.経営単語_記事画像

回復期リハビリテーション病棟とは、病気や怪我によって身体に機能障害を負った患者が社会復帰をするための専門治療を担う病院のこと。急性期病院で症状が安定した患者がリハビリテーションを集中的に受けることができる。日常生活動作の向上を目標としている。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 徳江 楓

メルマガ登録 受付中!

1万人以上が購読している「病院経営事例集メールマガジン」。
医療機関の経営層・事務職の方々に、耳寄り情報をお届けしています!

【メルマガ会員登録はこちら】

関連記事

ログイン

年収600万円の事務職求人はこちら

事務長、医事課長…など
管理職求人も揃っています。

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。