【数字で見る医療】2倍

この記事は約17秒で読めます

33.経営単語_記事画像

「生法の指針2015」によると、
心臓と呼吸が止まってから時間の経過とともに救命の可能性は急激に低下しますが、
救急隊を待つ間に居合わせた市民が救命処置を行うと救命の可能性が2倍程度に
保たれることがわかっています。
また、突然の心停止について、市民が心肺蘇生を実施しなかった場合の1か月後の
社会復帰率4.3%に比べ、実施した場合は10.8%と2倍以上でした。

厚生労働省ホームページより

関連記事

ログイン

医師の採用にお困りなら…

エムスリーキャリアにご相談ください。

お問い合わせはこちら

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。