【数字で見る医療】4つの機能

この記事は約23秒で読めます

33.経営単語_記事画像

在宅医療に求められている役割は次の4つの機能に分けられる。
1つ目は、入院医療機関と在宅医療機関との協働による「退院支援」。
2つ目は、医療従事者の多職種連携により、患者の疾患や重症度に応じて、患者や家族の
生活を支える観点からの緩和ケアを含む医療の提供を行う「日常の療養生活の支援」。
3つ目は、在宅療養者の病状の急変時における緊急往診体制や
入院機能を有する病院・診療所との連携推進による「急変時の対応」。
4つ目は、住み慣れた自宅や介護施設等の患者が望む場所での「看取りの実施」である。

厚生労働省ホームページより

本来なら接点を持てない医師にもアプローチできる、「新たな医師採用の形」とは

採用したい先生にオファーを出せるM3Careerプライム
導入後、地方の医療機関が東京勤務希望の先生を採用したケースや
クリニックが病院勤務希望の先生を採用したケースもございます

関連記事

ログイン

医師人材紹介会社から連絡がない…
とお困りの医療機関様へ


採用要件に合う医師を自らスカウト!
人材紹介会社130社に求人情報を掲載できます

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。