【病院経営単語】在宅薬剤管理指導業務

この記事は約13秒で読めます

33.経営単語_記事画像

在宅薬剤管理指導業務とは、在宅医療を受けており、通院が困難な患者に対し、医師の指示のもと保険薬剤師が訪問、薬剤管理を行うことである。患者の服用状況や残薬、副作用の確認などから、飲み残しの防止など服用状況の改善や飲み残し薬剤費の削減などのメリットがある。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 篠崎 拓樹

メルマガ登録 受付中!

1万人以上が購読している「病院経営事例集メールマガジン」。
医療機関の経営層・事務職の方々に、耳寄り情報をお届けしています!

【メルマガ会員登録はこちら】

関連記事

  1. 2014.06.08

    ES
  2. 2014.06.05

    JCI認証
  3. 2014.06.05

    10対1
  4. 2014.06.05

    QOL

ログイン

【無料】医師採用成功に役立つ!オンラインセミナー開催中

最新のデータから、採用市場の動向や採用活動のポイントをご紹介します
※お顔/氏名を公開することなく視聴可能

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。