【数字で見る医療】22.5日

この記事は約26秒で読めます

33.経営単語_記事画像

2015年中における全国の病院の平均在院日数を都道府県別にみると、
「全病床」が最も長いのは高知県(47.3 日)、最も短いのは神奈川県(22.5日)である。
病床別にみると、
「精神病床」で最も長いのは山口県(392.8 日)、最も短いのは東京都(191.8 日)、
「療養病床」で最も長いのは富山県(256.5 日)、最も短いのは鳥取県(103.6 日)、
「一般病床」で最も長いのは高知県(21.5 日)、最も短いのは神奈川県(13.9 日)、
「介護療養病床」で最も長いのは秋田県(508.9 日)、最も短いのは鳥取県(72.0 日)である。

厚生労働省ホームページより

<毎月開催>地域包括ケア病床 導入・転換セミナー

施設基準から届出対応方法まで専門のコンサルタントが解説します

【 詳細・お申し込みはこちら 】

関連記事

ログイン

<毎月開催>地域包括ケア病床 導入・転換セミナー

施設基準から届出対応方法まで専門のコンサルタントが解説します

【 詳細・お申し込みはこちら 】

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。