【数字で見る医療】合格者の女性割合8.5%

この記事は約20秒で読めます


救急救命士の国家試験(2018年実施)結果は、合格率は85.0%だった。合格者数は2,562人。
合格者のうち、男性は2,343人(全体の91.5%)、女性は219人(同8.5%)だった。
前回の合格者数2,576人からは横ばいで、合格率も前回の85.0%と同率だった。

救急救命士とは、医師の指示の下に、重度傷病者が病院又は診療所に搬送されるまでの間に救急救命処置を行う者を指す。

『第41回救急救命士国家試験の合格発表』(厚生労働省)より

<経営に関わりたい事務職限定>病院ハイクラス層向けセミナー

これからの病院経営の動向をご存知ですか?
黒字病院を支える事務職になるためのノウハウをお伝えします

<開催日時>
2019年5月27日(月) 18:30~19:30
2019年6月 4日(火)  18:30~19:30
2019年6月13日(木) 18:30~19:30
2019年6月21日(金) 18:30~19:30
2019年6月28日(金) 18:30~19:30

<会場詳細>
【東京】エムスリーキャリア株式会社内 会議室
東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス15階

【 詳細・お申し込みはこちら 】

関連記事

ログイン

アンケートご協力のお願い

ユーザーの皆様によりよい情報提供を行うべく、
アンケートを実施いたします。

所用時間:2分程度
回答期限:2019年6月21日(金)

回答はこちらから

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。