【数字で見る医療】32.6%

この記事は約16秒で読めます

33.経営単語_記事画像

平成27年(2015年)の厚生労働省「賃金構造基本統計調査」によると、都道府県別に一般労働者に占める「医療,福祉」従事者の割合をみると、鹿児島県が32.6%と最も高く、次いで高知県と沖縄県が31.2%、宮崎県が30.4%の順となっている。一方、東京都が8.8%と最も低く、
愛知県 9.3%、静岡県 9.8%の順となっている。

厚生労働省ホームページより

メルマガ登録 受付中!

1万人以上が購読している「病院経営事例集メールマガジン」。
医療機関の経営層・事務職の方々に、耳寄り情報をお届けしています!

【メルマガ会員登録はこちら】

関連記事

ログイン

医師の採用にお困りなら…

エムスリーキャリアにご相談ください。

お問い合わせはこちら

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。