【調査結果】「絵に描いたモチ」との声も…勤務先のビジョンに対する医師のホンネ

この記事は約3分26秒で読めます

「 2025年に向け、どんなビジョンを持って医療機関を運営していくか」―。経営層が頭を抱えながら策定するビジョンは、医師にとっても、キャリアに影響を与える大きな関心事です。

今回ご紹介するエムスリーキャリアの調査でも、7割の医師が勤務先のビジョンに「興味・関心がある」と回答。しかし、実勤務先のビジョンに対しては半数以上が「不明確」と答えたほか、「(自院のビジョンは)絵にかいたモチにしか見えない」など、厳しいコメントも寄せられました。

多くの医師が「勤務先のビジョン」に注目-実情とのギャップを指摘する声も

Q. 先生のご勤務先では、医療機関全体またはご担当科目の『今後のビジョン・方向性』は明確でしょうか。また、それに対して先生はどの程度関心を持っておられますか。

ビジョンへの興味

調査方法:m3.com会員の医師にWEBアンケートを実施
回答期間:2013年1月20日
回答:1061人
(内訳:開業医170人、勤務医(医局非所属)418 人、勤務医(医局所属)473人)

 

今回 の調査によると、開業医で勤務先のビジョンに「興味・関心がある」と答えた割合は83%。ただ、その半数以上に当たる43%が、自院のビジョンは「不明確」と答えるなど、経営者としてビジョンを描く難しさが透けて見える結果となりました。

勤務医においても、勤務先のビジョンに「興味・関心がある」と答えた人の割合は、医局の所属有無を問わず7割を超え、関心の高さがうかがえました。ただ、開業医同様、半数以上の勤務医が自らの勤務先のビジョンについて「不明確」ととらえているほか、たとえ勤務先のビジョンが明確であったとしても、「絵にかいた餅にしか見えない」「救急を取ると言うが、誰が取るのか?」など、実情とのギャップを指摘する、厳しい意見もあがりました。

回答コメントから抜粋

■勤務先の今後のビジョン・方向性は『明確』で、『興味・関心もある』

・教育研究を行っていく目標がはっきりしている(30代、勤務医)

・いつまでいる病院かわかりませんが、それでも働く上でビジョンや方向性があると働きやすいと思いますし、自分がその中で何をなすべきかわかりやすいから。(50代、勤務医)

・時代の変化と勤務形態の変化については常にアンテナを張っています。医師にとっても厳しい時代が来そうですから。(40代、勤務医)

・今後どのようにクリニックを発展させていくのかを常に考えているため(50代、開業医)

・今後医療情勢が変化して行く中で順応性が求められるから(40代、開業医)

・医療機関全体および担当科目の今後の方向性に興味・関心を持つのは、勤務医として当然である。(40代、勤務医)

・理念、長中期目標、今年の目標が明示されており、小職の関与でいる分野にある程度の権限を与えられており、夢が追求できるから(60代、勤務医)

■「勤務先の今後のビジョン・方向性は『不明確』だが、『興味・関心はある』」と答えた医師のコメント

・それによって今後の身の振り方を考えたいから。(20代、勤務医)

・病院としての方向性は、管理者のビジョンがないために、あるいは現実問題としての医師不足のせいで、不明確である。しかし、自分が振り回されることになるので、興味・関心はある。(50代、勤務医)

・医療の急速な進歩と、専門医制度を含む医師の立位置が不明瞭であり、明確な方向性は示せない時代と思う。しかしその中で自身にもっとも適した選択枝はあると思われ、臨床に興味をもって取り組んでいる次第です。(50代、勤務医)

・病院としての方向性は、管理者のビジョンがないために、あるいは現実問題としての医師不足のせいで、不明確である。しかし、自分が振り回されることになるので、興味・関心はある。(50代、勤務医)

・急性期医療を目指しているのか慢性期をやりたいのかが今ひとつ明確ではないが、どのような方向に進もうとするのかはもちろん関心があります。(40代、勤務医)

・現在の日本では、医療にかかわらず、ビジョン・方向性は不明確。新たに確立する力のあるグループのみがビジョン・方向性を作れる。(50代、勤務医)

■「勤務先の今後のビジョン・方向性は『明確』だが、『興味・関心はない』」と答えた医師のコメント

・優等生の回答的な文言が並んでいる。誤りはないし、そうなれば素晴らしいと思うが、絵に書いた餅にしか見えない。(50代、勤務医)

・少子高齢化に向かうこれからの日本の医療の流れにそぐわず、目先の利益を優先しているため(40代、勤務医)

・救急を積極的に取ると言っているが、一体誰が診るのか???(40代、勤務医)

・病院の目指す方向性が一貫していない上、自分の希望することと現在していることとの間にギャップがありすぎるから(30代、勤務医)

・今自分にできる事をわきまえ、精一杯やるだけ(50代、開業医)

■「勤務先の今後のビジョン・方向性は『不明確』で、『興味・関心もない』」と答えた医師のコメント

・勤務先のビジョンがあったとしても、現在の仕事が出来る環境からいってそれを叶えるために動くのは困難で、それを強く求められるなら勤務先を変更することもやむ終えないと考えているから(30代、勤務医)

・ビジョンはあるようで具体的ではない。人が増えれば・・のような、「たら」「れば」のものである。目標をどう達成しようと言うものではない(50代、勤務医)

・今後の医療情勢がわからない(50代、開業医)

・嫌でも続けないといけない(40代、開業医)

関連記事

  1. 広島国際大学学生論文_CCRCを取り入れるには~広島県東広島市を事例に~

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ログイン

医師の採用にお困りなら…

エムスリーキャリアにご相談ください。

ご連絡はこちら

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。