カルテ開示

この記事は約35秒で読めます

47.経営単語_記事画像
カルテ開示とは、患者から要求があった場合にカルテ、看護記録、検査記録、X線写真などの医療情報を開示すること。医師と患者の信頼関係を保てるため、インフォームドコンセントの充実にもつながる。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 大竹玲奈
更新日:2014/11/5

※ 参考:
『患者向けアンケート調査結果 報告書』p.8
「ハンセン病問題に関する検証会議」の提言に基づく再発防止検討会より)

カルテなどの診療記録を開示する義務の周知状況をみると、「知らない」が 42.2%であった。さらに、実際のカルテ開示の請求経験をみると、「開示を求めたことがある」と答えた患者は 6.2%であった。カルテ開示の義務化当初は、医療機関等によってカルテ開示周知のための広報が実施されたと思われるが、時間の経過とともに、広報を実施する側も「既に周知できた」との認識から、意欲的な取り組みを行わなくなった可能性がある。

<経営に関わりたい事務職限定>病院ハイクラス層向けセミナー

これからの病院経営の動向をご存知ですか?
黒字病院を支える事務職になるためのノウハウをお伝えします

<開催日時>
2019年5月27日(月) 18:30~19:30
2019年6月 4日(火)  18:30~19:30
2019年6月13日(木) 18:30~19:30
2019年6月21日(金) 18:30~19:30
2019年6月28日(金) 18:30~19:30

<会場詳細>
【東京】エムスリーキャリア株式会社内 会議室
東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス15階

【 詳細・お申し込みはこちら 】

関連記事

  1. 2014.06.08

    1次データ
  2. 2014.06.05

    医療保険

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ログイン

アンケートご協力のお願い

ユーザーの皆様によりよい情報提供を行うべく、
アンケートを実施いたします。

所用時間:2分程度
回答期限:2019年6月21日(金)

回答はこちらから

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。