ジェネリック医薬品

この記事は約13秒で読めます

病院経営単語_ジェネリック医薬品
後発医薬品ともいう。特許の期限が切れた医薬品を他の製薬会社が、製造・供給する医薬品のことである。薬の成分や効果は、新薬と同等であり、安全性も保証されている。開発に時間がかからないため、新薬よりも低価格で手に入れることが出来る。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 松村悠衣
更新日:2014/11/5

メルマガ登録 受付中!

1万人以上が購読している「病院経営事例集メールマガジン」。
医療機関の経営層・事務職の方々に、耳寄り情報をお届けしています!

【メルマガ会員登録はこちら】

関連記事

  1. 2014.06.08

    CS
  2. 2014.06.05

    DMAT

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

スパム対策のため、日本語が含まれない場合は投稿されません。ご注意ください。

ログイン

【無料】医師採用成功に役立つ!オンラインセミナー開催中

最新のデータから、採用市場の動向や採用活動のポイントをご紹介します
※お顔/氏名を公開することなく視聴可能

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。