マイナス1.03%

この記事は約23秒で読めます

経営単語_記事画像_6

2016年度の診療報酬改定は、全体で1.03%の引き下げとなった。本体部分でプラス0.49%(医科:プラス0.56%、歯科プラス0.61%、調剤プラス0.17%)となった一方、マイナス改定となったのは、薬価部分での引き下げによる影響などが大きい。薬価は、市場実勢価格に連動した調整などで1.22%が引き下げられたのに加え、市場拡大再算定による見直し・特例措置を実施したことで、さらにマイナス幅が大きくなっている。

病院経営事例集ではこのような用語の説明から最新の動向までをメルマガでお届けします。
メルマガ登録はこちら

関連記事

ログイン

アンケートご協力のお願い

ユーザーの皆様によりよい情報提供を行うべく、
アンケートを実施いたします。

所用時間:2分程度
回答期限:2019年6月21日(金)

回答はこちらから

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。