【病院経営単語】胃瘻造設術及び胃瘻造設時嚥下機能評価加算

この記事は約16秒で読めます

33.経営単語_記事画像

胃瘻造設術及び胃瘻造設時嚥下機能評価加算とは、胃瘻造設術を行うに当たり、検査等の嚥下機能評価を実施した場合に算定する点数。
腹部に栄養を送る管の必要性、その間の口腔機能減衰に対する療法、腹部の管を取り除いた後の閉鎖不全等の可能性について、患者又は家族に十分に相談や説明をする。また、その際に家族に伝えた要点を診療録に記載する。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 白石 義訓

気になる医師に自らオファーしてスピード採用

そんな医療機関が増えています。
採用成功事例記事はこちら

関連記事

  1. 2014.06.08

    STP
  2. 2016.01.29

    院内掲示義務
  3. 2014.06.06

    3C
  4. 2014.06.05

    15対1

ログイン

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。