【病院経営単語】疾患別リハビリテーション料

この記事は約14秒で読めます

33.経営単語_記事画像

疾患別リハビリテーション料とは、患者の疾病や障害の特性に応じて評価される診療点数のこと。患者の疾病等を総合的に考慮し、最も適切な区分に該当する疾患別リハビリテーション料を算定する。「心大血管疾患・脳血管疾患等・運動器・呼吸器・廃用症候群」の5つのリハビリテーション料が設けられている。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 志村 淳美

「医師を採用したいが、紹介会社からの紹介がない」とお悩みの医療機関様へ

「求職中医師を毎週チェックして、ほしい先生にオファーできる」
と話題の医師採用ツールを存知でしょうか。
機能詳細・成功事例・よくあるご質問はこちら

関連記事

  1. 2014.06.29

    初期研修医
  2. 2014.06.29

    事務連絡

ログイン

医師人材紹介会社から連絡がない…
とお困りの医療機関様へ


採用要件に合う医師を自らスカウト!
人材紹介会社130社に求人情報を掲載できます

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。