【病院経営単語】疾患別リハビリテーション料

この記事は約14秒で読めます

33.経営単語_記事画像

疾患別リハビリテーション料とは、患者の疾病や障害の特性に応じて評価される診療点数のこと。患者の疾病等を総合的に考慮し、最も適切な区分に該当する疾患別リハビリテーション料を算定する。「心大血管疾患・脳血管疾患等・運動器・呼吸器・廃用症候群」の5つのリハビリテーション料が設けられている。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 志村 淳美

メルマガ登録 受付中!

1万人以上が購読している「病院経営事例集メールマガジン」。
医療機関の経営層・事務職の方々に、耳寄り情報をお届けしています!

【メルマガ会員登録はこちら】

関連記事

  1. 2016.03.24

    混合診療
  2. 2016.03.13

    在宅復帰率

ログイン

経営企画職の求人あります。

経営幹部候補や医業コンサルタント等の求人をご紹介!

※ 充足している場合もあります。

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。