【病院経営単語】疾患別リハビリテーション料

この記事は約14秒で読めます

33.経営単語_記事画像

疾患別リハビリテーション料とは、患者の疾病や障害の特性に応じて評価される診療点数のこと。患者の疾病等を総合的に考慮し、最も適切な区分に該当する疾患別リハビリテーション料を算定する。「心大血管疾患・脳血管疾患等・運動器・呼吸器・廃用症候群」の5つのリハビリテーション料が設けられている。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 志村 淳美

<経営に関わりたい事務職限定>病院ハイクラス層向けセミナー

これからの病院経営の動向をご存知ですか?
黒字病院を支える事務職になるためのノウハウをお伝えします

<開催日時>
2019年6月 4日(火)  18:30~19:30
2019年6月13日(木) 18:30~19:30
2019年6月21日(金) 18:30~19:30
2019年6月28日(金) 18:30~19:30

<会場詳細>
【東京】エムスリーキャリア株式会社内 会議室
東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス15階

【 詳細・お申し込みはこちら 】

関連記事

  1. 2014.06.05

    QOL
  2. 2016.01.27

    短 冊
  3. 2014.06.05

    SPD

ログイン

アンケートご協力のお願い

ユーザーの皆様によりよい情報提供を行うべく、読者アンケートを実施中です。

所用時間:2分程度
回答期限:2019/6/21(金)

【回答はこちらから】

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。