【病院経営単語】医療広告ガイドライン

この記事は約16秒で読めます

33.経営単語_記事画像

医療広告ガイドラインとは、「医業若しくは歯科医業又は病院若しくは診療所に関して広告し得る事項等及び広告 適正化のための指導等に関する指針」のことである。このガイドラインは、患者にとって適切な医療機関を選択するために、適切な選択を妨げる内容、誇大広告、比較広告、公序良俗に反する内容を含んだ広告などを規制することを目的としている。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 渡辺美喜

メルマガ登録 受付中!

1万人以上が購読している「病院経営事例集メールマガジン」。
医療機関の経営層・事務職の方々に、耳寄り情報をお届けしています!

【メルマガ会員登録はこちら】

関連記事

  1. 2016.01.25

    QOD
  2. 2016.02.29

    医業収益
  3. 2014.06.05

    ICD-10

ログイン

【先着50施設限定】選べる無料キャンペーン実施中

医師採用「順調ではない」病院の8割が望む機能を実現。
M3 Careerプライムでかなえる“攻め”の採用活動とは?

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。