地域医療構想

この記事は約14秒で読めます

91.経営単語_記事画像

地域医療構想とは、医療機関同士の釣合の取れた医療機能の分化・連携を進めるために医療機関ごとに、2025年の医療需要と病床の必要量を推計した構想のこと。「高度急性期、急性期、回復期、慢性期」の4つの医療機能の将来の需要を推測し、それをもとに地域の医療提供体制の再編が進められている。

高崎健康福祉大学 木村研究室 志村 淳美

関連記事

  1. 2014.06.05

    コンビニ受診
  2. 2014.06.05

    MS
  3. 2014.06.29

    医業外収益

表示の不具合について

現在、一部の記事にアクセスできない事象が起こっています。ご迷惑をお掛けしますが、目下、不具合の解消に努めております。 何卒ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

ログイン

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。