地域医療構想

91.経営単語_記事画像

地域医療構想とは、医療機関同士の釣合の取れた医療機能の分化・連携を進めるために医療機関ごとに、2025年の医療需要と病床の必要量を推計した構想のこと。「高度急性期、急性期、回復期、慢性期」の4つの医療機能の将来の需要を推測し、それをもとに地域の医療提供体制の再編が進められている。

高崎健康福祉大学 木村研究室 志村 淳美

関連記事

  1. 2014.06.08

    2次データ
  2. 2014.06.05

    QOD
  3. 2014.06.05

    国民医療費
  4. 2014.06.05

    医薬分業
  5. 2014.06.05

    健康保険法

医師の働き方改革

病院経営事例集アンケート

病院・クリニックの事務職求人

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。