地域医療構想

この記事は約14秒で読めます

91.経営単語_記事画像

地域医療構想とは、医療機関同士の釣合の取れた医療機能の分化・連携を進めるために医療機関ごとに、2025年の医療需要と病床の必要量を推計した構想のこと。「高度急性期、急性期、回復期、慢性期」の4つの医療機能の将来の需要を推測し、それをもとに地域の医療提供体制の再編が進められている。

高崎健康福祉大学 木村研究室 志村 淳美

メルマガ登録 受付中!

1万人以上が購読している「病院経営事例集メールマガジン」。
医療機関の経営層・事務職の方々に、耳寄り情報をお届けしています!

【メルマガ会員登録はこちら】

関連記事

  1. 2014.06.08

    1次データ
  2. 2014.06.05

    医療クラーク

ログイン

医師不在5年の診療科で採用を実現
採用担当者が求職中の医師の一覧を見て、自らオファーする――。
「採用の概念を覆す」オファー機能の効果とは?

【記事を読む】

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。