地域医療構想

この記事は約14秒で読めます

91.経営単語_記事画像

地域医療構想とは、医療機関同士の釣合の取れた医療機能の分化・連携を進めるために医療機関ごとに、2025年の医療需要と病床の必要量を推計した構想のこと。「高度急性期、急性期、回復期、慢性期」の4つの医療機能の将来の需要を推測し、それをもとに地域の医療提供体制の再編が進められている。

高崎健康福祉大学 木村研究室 志村 淳美

気になる医師にオファーしてスピード採用

そんな成功事例が全国で生まれています。
採用成功事例インタビュー集はこちら

関連記事

  1. 2014.06.29

    医業外収益
  2. 2014.06.29

    2025年問題

ログイン

【無料】2024年法施行・医師の働き方改革に関するセミナー録画を公開中

「法施行に向け、具体的に何に取り組むべきか知りたい」
「医師採用市場への影響を知りたい」というご担当者様は必見です
※一度登録いただくといつでも視聴可能です

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。