MR

この記事は約13秒で読めます

MRとは、Medical Representativeの略で、医薬情報担当者のことである。医薬品メーカーの営業を行う職業で、薬が正しく使われるために医療現場へ出向き、薬に関する情報提供や収集などに従事する人の事である。認定試験がある。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 掛川央子
更新日:2014/11/5

関連記事

  1. 2016.02.10

    C項目
  2. 2014.06.08

    4P
  3. 2014.06.29

    疑義解釈
  4. 2014.06.05

    5疾病5事業
  5. 経営単語_記事画像_在宅医療(訪問診療)

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

スパム対策のため、日本語が含まれない場合は投稿されません。ご注意ください。

ログイン

医師採用「順調ではない」病院の8割が望む機能を実現!

新サービス・M3 Careerプライムとは
【 記事を読む 】

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。