介護療養型医療施設(介護療養病床)

この記事は約23秒で読めます

介護療養型医療施設(介護療養病床)とは、病状安定後も長期間の治療が必要な患者を対象とした、介護体制の整った医療施設のことである。またこの施設は、社会的入院や医療費の増大といった問題を解消するために、2017年度までに廃止されることが決定している。しかし、他の介護施設と比べ、看取りや医療行為などが頻繁に行われているということもあり、厚生労働省はこの施設の機能のみを存続させていきたい方針である。療養病床に区分される介護療養型医療施設とは、別に医療に区分される医療療養病床がある。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 大竹玲奈
更新日:2014/12/22

関連記事

  1. 経営単語_記事画像_地域包括ケアシステム
  2. 2014.06.05

    BSC
  3. 2014.06.05

    13対1

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

スパム対策のため、日本語が含まれない場合は投稿されません。ご注意ください。

ログイン

「良い先生が見つからない」そんなお悩みをお持ちなら

データベースで求職者のプロフィールを見て
要件に合う先生にオファーを出せる、新たな採用ツールをご存知でしょうか

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。