介護老人保健施設(老健)

この記事は約21秒で読めます

介護老人保健施設(老健)とは、介護が必要な患者に対し、医学的管理の下における介護及び機能訓練、日常生活に必要な食事や入浴、排泄などの支援を行うことを目的とする施設のことで、入所者の在宅復帰を目指す。2012年度の介護報酬改定では、在宅復帰率50%超、ベッド回転率10%以上であることなどを要件とした、在宅強化型の報酬が新設された。在宅強化型の要件を満たす施設は増加してきている一方で、在宅復帰率・ベッド回転率が低い施設も多い。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 新井美咲
更新日:2014/12/22

関連記事

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

スパム対策のため、日本語が含まれない場合は投稿されません。ご注意ください。

ログイン

山梨県ケアミックス病院が、半年で働き盛り医師2名を採用!

M3Careerプライムは、地方病院のスピード採用を実現します。

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。